手作りの化粧を作る人は昔から結構いるでしょう。基本的に、精製水にグリセリンを加えて混ぜるだけで化粧水になります。それに自分の好みだったり、肌に合いそうな精油を入れれば、立派な手作り化粧水です。とても簡単で、あっという間に出来てしまいます。

 


しかし、化粧水だけではなく、肌荒れなどに効果のあるクリームも、実は簡単に作れてしまいます。

 
では基本レシピですが、まず湯煎にかけるための大きいボールと、小さい耐熱ボールを用意します。小さいボールの代わりに、ビーカーがあれば、それでもよいです。

 
で、この小さめのボール、またはビーカーに分量のミツロウとキャリアオイルを入れます。それを大き目のボールの中で、湯煎するのです。湯煎でそのうち溶けるはずですが、なかなか溶けない場合はレンジでほんの少しだけチンしてもよいです。とにかく完全に溶かしましょう。

 
そして、このミツロウが完全に溶けたら、容器のほうに移し変え、荒熱が取れるのを待ちます。この容器はアロマテラピーのグッズを置いているような所に売っています。ネットでも購入出来ます。
最後に、その容器のなかのどろっとした液体の荒熱が取れたら、分量の精油を加え、よく混ざるように混ぜます。これで完全に冷えたら、ふたをして完成です。
このようにとても簡単に作れてしまいます。ちょっとアロマテラピーの勉強をして、使う精油を自分の肌や好みに合わせて、色々変えてみたら更に楽しいです。是非お試しください。