入浴は体を温め、血行をよくし、汚れを落とし、疲れを癒してくれます。そんな入浴の効果をさらに高めてくれるのがバスオイルです。

 

作り方は非常に簡単で、キャリアオイル5mlにお好みの精油を2~3滴垂らし、よく混ぜ合わせたら完成です。これをバスタブに入れ、よくかき混ぜてから入浴します。

 

オイルのおかげで肌が保湿され、入浴後の肌はしっとりすべすべになります。しかも、蒸気の多いお風呂場では精油もよく揮発するので、香りも存分に楽しむことができ、癒し効果もアップします。

 

使用するキャリアオイルはグレープシードオイルやホホバオイル、少し甘めの香りがあるスイートアーモンドオイルなど、刺激が少ないものがおすすめです。

 

精油はお好みのものを使って大丈夫ですが、ティーツリーやミント系、柑橘系などはやや刺激が強く、肌が敏感な人はピリピリとした刺激や痛みを感じることもあるため、注意が必要です。

 

シナモンやクローブ、フェンネルなども入浴時の使用には不向きです。また、精油は1回の入浴につき、最大でも5滴までにした方が無難です。

 

リラックス効果の高いラベンダーやゼラニウム、カモミールを加えてゆったりしたり、すっきりとした香りのユーカリやローズマリーを加えてリフレッシュしたりすると効果的です。