手作りの化粧品は、安全性が高く、自分の好きな香りや、自分に合った成分を加えることもできるため、近年人気を集めています。

 

作り方が難しそうと思われることもありますが、基本を守れば、簡単に自分に合った化粧品を作ることができます。基本中の基本である化粧水は、精製水にグリセリンを加えるだけで作ることができます。

 

グリセリンに自分の好みに合った精油を加えておき、精製水と混ぜ合わせれば、アロマ化粧水も簡単に作ることができます。ヒアルロン酸やコラーゲンといった原液を加えれば、高機能な化粧水を作ることもできます。ヨーグルトや潰したアボカド、小麦粉のペースト、クレイペーストなどはパックのベースに最適です。

 

ハチミツや少量のオイルを加えて作ると肌がしっとりしますし、オイルに精油を少量加えておけば、パック中に香りを楽しむこともできます。

 

好みの精油を加えたオイルを、蜜蝋などのワックスと湯煎にかけ溶かし、混ぜ合わせてから冷やし固めれば、簡単にアロマクリームも作ることができます。

 

 

 

蜜蝋の代わりにシアバターやココアバターを使えば、より滑らかな仕上がりになります。

 

精油は種類によって効果や使い方が異なるため、事前に自分の肌質に合っているものか、直接肌に付けて大丈夫なものかを確認する必要があります。